Working in the office

気になる側面も?

man reading a newspaper

ドンドン利益を伸ばしていくエスビーティーですが、一方で懸念されている問題もあります。それが関連会社についてです。
エスビーティー自体はどんどん売上高を伸ばしており、関連会社の中にも「オートコムジャパン」などは売上高を伸ばしているのですが、問題はエスビーティーの代表、柳田氏が設立した「SBTキャピタル」という投資会社です。

SBTキャピタルはジャスダック上場企業である「fonfun」や「ジェクシード」などの企業の大株主なのですが、これらの会社はどちら赤字続きになっています。しかも、両社ともに不正資金流入や、有価証券報告書の虚偽記載疑惑など、黒いうわさが後を絶ちません。これらが原因でSBTキャピタル以外の株主とごたごたも続いていますので、非常に不安定な会社だといえるのです。
これらの会社に投資を続けるSBTキャピタルの存在は、成長の波に乗っているエスビーティーに暗い影を落としています。

さらに、エスビーティーの関係会社のひとつである「イー・ディフエンダー」では、クレジットカードの不正利用に際して加盟店が返金しなければならない金額を肩代わりするという新しいサービスを始めたのですが、補償金の支払いが急増しており、各種カード会社から経営的に怪しいのではないかという疑問が上がっています。
このように、単体では調子が良いように見えるエスビーティーには、少し気になる側面があるのも事実です。売上高だけを見て、安全な会社だと思い込むのは危険な行為だと思っておいた方がよさそうですね。